Monthly Archives: 10月 2017

キズがあっても買取ってくれる業者とは?

DVD買取業者によってはDVDにキズがあっても売れるところもあります。しかし、それぞれ業者によってどの程度のキズなら売れるのかが異なります。売る前に確認したいポイントであるのでここではどの程度のキズなら売ることができるのかについて紹介します。

DVDまず業者によって異なりますが、キズがあっても売れるところでは軽微なキズなら査定額が下がらないところもあります。実際にDVDを使用していると軽微なキズは仕方がない部分なので、再生がしっかりとされれば減額にならずに売ることができます。

また、無数のキズの場合も業者によって違いますが減額の対象にならないところもあります。費用をかけてキズの修復をする人もいますが、減額にならないならキズの修復をせずに買取業者に直接持っていった方が手間がかかりません。

基本的に軽微なキズや無数にキズがある場合は減額なしで売ることができますが、盤面の深いキズや表面のキズに関しては場合によって減額の対象となる可能性があります。しかし、減額と言っても査定時の判断で異なるので業者によっては減額なしで売れることもあります。どこで依頼するかで変わるポイントなので、キズがある場合は業者選定を慎重に行うといいです。

キズは修復が可能?

DVDにキズがあっても買い取ってくれるDVD買取業者もあります。実際に軽度のキズで再生に問題が無ければ減額にならない店舗も存在しています。しかし、大きなキズは場所によっては査定額に影響することがあります。キズは使用すればつくことがあり、避けられないポイントですが、キズが付いてしまった時にはいくつか対処方法が存在するので紹介します。

まず自分で修復する方法としてはキズが修復できるアイテムを活用して研磨することです。実際に磨くことによってキズがなくなったりなど綺麗にすることが可能なので自分で修復したい人は専用の道具を活用することでキズを綺麗にすることができます

また、自分では少し自信がないという方は研磨をしている専門店などに依頼をすればキズを綺麗にすることができます。特に知識がない方や再生できなくて困っているという方は依頼を考えた方がいいです。

このように、対処法はいくつかありますが、自分で研磨をするのはある程度知識が必要ですし、キズが悪化してしまうことも考えられます。また、業者に依頼をすると有料となることもあり余分に費用が必要です。大きなキズなどではない限りはできる限り買取業者を調べてキズがあっても売れるところを選ぶようにしましょう。

DVDを高く買取ってもらう条件とは?

DVDはどんなものが高く売れるのか気になる方もいるでしょう。実際にこれから売ろうか検討中の方は調べている人も多いですが、高く売れる条件はいくつか存在しているので、まずはどんなDVDが高く買取ってもらえるのかをチェックしましょう。

沢山のDVDまず高く売れる条件としては人気があるかどうかです。基本的に店頭でもすぐに売れてしまうような人気の高いDVDに関しては中古でも買いたいと思う人が増えるため、高く買取ってもらえる確率がアップします。人気があるうちに売ることが重要なポイントですが、売るタイミングを間違わなければ人気の高いDVDは比較的高く売ることができます。

また、付属品の有無も高く売れるか売れないかが変わるポイントです。DVDの中にはブックレットやケースなど様々な付属品があります。DVD単体で売ろうと考えている方もいますが、単体よりもケースなど付属品が揃っている方が高く売れる確率がアップするため、なるべく買取を検討中の方は付属品が揃っていることを確認してから売ることがポイントです。その他にもまとめ売りも重要です。買取店によっては異なりますが、中にはまとめて売った方が高く売れるところも存在しています。特に不要なDVDがたくさんあるという人は1枚ずつ売るのではなく、まとめて売った方がお得です。

このように売れる条件はそれぞれ異なります。何をすれば高く売れるのかは店舗によって違ってきますがある程度は一緒なので知りたい方は紹介した3つのポイントを参考にするといいです。